新時代の仕事ウェブマガジン WORKS

「仕事×好奇心」をテーマにした大学生や専門学校生、そして仕事や就活のあり方に関心を持つすべての人のためのウェブマガジンです。
———お金よりも「好き」であること。
———ブランドよりも「やりがい」であること。
———決められた道ではなく「自分の道」を。
そんな価値観を持った人のためのあたらしい就活をWORKSは応援しています。

友人の宮本賢さんが作っているウェブマガジン[WORKS]にて私達wagashi asobiをご紹介頂きました。コンセプトにとても共感できました。今回の取材を受けたおかげで、自分自身の職業についても見つめ直しいろいろ考える良い機会になりました。また、記事も読みやすく写真も素敵な仕上がりです。是非、ご覧下さい。
http://works-web.org/

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

新時代の仕事ウェブマガジン WORKS への3件のフィードバック

  1. kuu より:

    >「高尾山の環境保護の会をやろうっていうときは、高尾山の水とよもぎで和菓子を作りました…この企画が一番、自分にとってのターニングポイントにもなりました。」

    …それは、嬉しいですね。:-P
    僕にとっても、皆で高尾山を歩きながら、稲葉さんと話せたことは、ありがたい出会いでした。
    そこから生まれた“高尾山の水とよもぎでつくった和菓子”もとても嬉しく、美味しく頂きました。

    >「お菓子は食べ物なだけじゃなくて、コミュニケーションを作る発信源になるものなんだなって。」

    そうですね。
    とかく何かに打ち込むと、いつの間にかそれ自体を自己目的化してしまうけれど。
    例えば茶の湯も、それ自体が目的化になってしまうと、教条主義的になったり内輪の自己満足的になったりして、とたんに面白くなくなっちゃう。
    茶の湯をどうしようか?でなく。
    茶の湯で何が出来るか?をいつも考えるようにしています。

    和菓子もきっとそうで。
    もちろん和菓子は美味しくて、それ自体価値あるものだけれど。
    和菓子で遊ぶ、和菓子を道具として出会いやコミュニケーションをつくっていく、っていう視点をもっていると。
    グッとまた楽しいですよね。

    「◎wagashi asobi」ってのも、ある意味で、そういうことなのかな、と思っています。

    また、いつか、どこかで、あそびましょう。

    kuu

    • wagashi asobi より:

      kuuさん
      素敵なコメント有難うございます。
      wagashiとともに楽しい事をする事で人と出会い、その先の楽しみを知る事で、人を楽しませる事が出来る様になれたり・・・ポジティブなうずまきを広げていけたら幸せです。
      イナバ

  2. kuu より:

    (^0^)/ kuu

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中