秋の茶会


少し前のお話ですがSHUHALLYの松村様より秋のお茶会のお菓子のご依頼を受けてお菓子を創ってasobiに行ってまいりました。金剛流 能楽師 種田道一様(重要無形文化財)が「野宮」を舞うなどとても志向を凝らした会でした。お菓子は「野宮(源氏物語・六条御息所のお話)」にちなんで旬の栗を使い渋皮栗とむき栗を使い六条御息所の心の二面性を二色のきんとんで表現致しました。菓銘は「野宮」とても喜んで頂けました。お茶会の席にお菓子説明に上がらせて頂いた時にお客様と記念撮影をさせて頂きました。
(稲葉 緊張してます。)

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

秋の茶会 への2件のフィードバック

  1. kuu より:

    渋皮栗とむき栗の2種を合わせたきんとん!
    実は構想したことあり。
    頂いてみたいと思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中